2019年09月22日

アルケミーなひとり旅〜モロッコ編〜フェズB




フェズ最終日。

さていよいよフェズを離れ、次なる目的地メルズーガへと移動するのですが、20:30発の長距離バスに乗るため、まだ今日も丸1日フェズでの時間があります。

フェズのメディナ(旧市街)はもう回ったので、まだ行ってない辺りを散策してみようと思い、フェズ・エル・ジェディドというエリアに行ってみることにしました。

ちなみに、旧市街はフェズ・エル・バリと言われてるみたいです。


宿を出てテクテク歩く。

フェズ・エル・ジェディドに向かう途中にあるブージュルード庭園に寄っていく。


今日もいい天気!!

IMG_3085.jpeg


IMG_3086.jpeg


IMG_3084.jpeg


IMG_3087.jpeg

公園でのんびり、落ち着くなぁ。しばしリラックスタイム。


そしてフェズ・エル・ジェディドへ。

メインの通りのようなところを歩いていたら、道脇の椅子に座っていたおじさんに声をかけられました。

英語を話せるみたいです。が、ここは用心、声をかけてくる人はとりあえず警戒。偽ガイドかもしれないし。

案の定、頼んでもないのに案内を始めてきました。

ガイドか?と聞くと違うと言うので、ラバトで偽ガイドにあったことを話すと、自分は貧しいけれど心はきれいだ、お金の無心はしないと言います。

それで私はすっかり安心してしまい、おじさんに案内されるままに一緒に歩きだしました。

この辺はジューイッシュエリアと言っていたので、ユダヤ人街なんですかね。

IMG_3092.jpeg

歩きながらいろいろ説明してくれました。

壁に塗られた色の意味なども話してくれたけど、忘れてしまった(^_^;)

IMG_3096.jpeg

アートな感じで素敵ですね〜

IMG_3097.jpeg


IMG_3098.jpeg


IMG_3099.jpeg

で、おじさんに案内されて歩いているうちに、なんと!!そのおじさんの家の前まで連れられていってました(・_・;)

ここが自分の家だ、ランチを一緒に、と家の中に誘われたのですが、いくらなんでもなんか怖いですよね💦

どうしようと迷ったのですが、家の中に女性が2人、小さな子どもも数名いるのが分かったので、大丈夫かなぁと思いながら、おじゃましてクレープみたいなのとお茶をご馳走になりました。

ご馳走になりながら、おじさんの身の上話などを聞く。

私はご馳走になったし、身の上話も聞いて、その時点でもうお金を少しお渡ししようと決めてました。おじさんも足が悪くて杖をついてたし。

その時点では嫌な感じはしなかったんですよね、おじさんが初めからそれが目的だったとしても、街を案内してくれたし、自分ひとりではこんな迷路なところ歩いて来れなかったと思うし。

で、帰ろうとした時。

自分じゃないけど、自分の家族(目の見えない人もいる)が助けを必要としている、とおじさんが言ってきました。

私は帰り際におじさんに少しではあるけどお金を渡そうと思っていたので、その時に20DHを差し出しました。

そしたら!!なんと、50DHはないか?と言われて😵

いや、50DHはあったんですよ、お財布の中に。50DH札と20DH札があって。(何かあったら怖いのであまり大金は持ち歩かないようにしてました。)

でも50渡して20DHだけになったら、私が心もとなくなるし、それよりも、向こうから50DHはないかと言ってきたことにムカついて💢

これしかないと言って、20DHしか渡しませんでした!(まぁ20DHって日本円で240円くらいなんですけど。。。^^; でもローカルな食堂ではハリラスープなんて1食5DHくらいだし、20DHでもまぁまぁよね。)

で、こんな迷路なところ帰り道も分からないし、怒りモードでプリプリしながら街の出口のゲートまで連れて行ってと言い、おじさんとまた歩いてゲートまで。

私もプンプンな感じだったし、おじさんも20DHしか私が渡してないからか、ゲートまでの間、ふたりの間に不穏な空気が漂い💦

ゲートのところでおじさんが素っ気なく「チャオ」と言うので、私も素っ気なく「チャオ」と言ってお別れしました💧


しかし、不思議なことがあって。

おじさんの家までの散策中、私達ふたりを追い抜いていった通りすがりの人がいたんですけど、その人が私達を追い抜いてすぐ先の角を曲がった時に、「You must be careful.」と聞こえてきたのです。

え??さっきの人が呟いた? 

おじさんは何も反応してなかったし、空耳??と思ったのですが、その後、その呟きが暗示していたようなことになり。

空耳だったのか、本当にその人が呟いたのかは分からないですけどね。


あとでモロッコに住んでいたことのある知人の旦那さんから教えてもらいましたが、

イスラム教では、裕福な人は貧しい人を助けなさいという教えがあるそうで、喜捨すれば罪が許されたり、天国に行けると信じているとのこと。

それを曲がって解釈する貧しい人もいて、これを逆手にとり貧しき者は裕福な人に喜捨を要求してくる、喜捨する機会を与えているのだと。

あなたは良いことをして天国に行ける、と。

もっと手持ちのお金があったら、あの時50DHくらい(日本円で600円くらい)、いやもっとそれ以上でも渡してたかもですが、向こうから金額を上げられたことにはやはり腹が立ちますね、私は😠

喜捨は自分からするものでしょ〜って、やっぱり思います。


おじさんの家にいた子どもたちは可愛かったよね😌





2017.11月の旅模様です。
だいぶ前のことですが、ちょっとずつ書き溜めていた旅日記をアップしてます。





posted by いしもと葵 at 18:04| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

アルケミーなひとり旅〜モロッコ編〜フェズA





フェズ2日目。


IMG_2960.jpeg

朝は宿の屋上のテラスで朝ごはん。

IMG_2959.jpeg


2日目、ひとりでメディナを散策に出かけました。

ネットで地図等検索したところ、メインの通りから横道にそれたり外れなければ、迷い込まなくてもすみそうだ。


さて、メディナの中へ。

なんかガランとしてるなぁと思ったら、今日は金曜日ということで、イスラム教の安息日らしい。


メディナのお店はオープンしていないところが多く、人もまばらで活気がありませんでした💦


まあ、また明日もあるしね。

メディナの中では初日にガイドさんに案内されたブー・イナニア・マドラサに再度行ってみました。

今度はもうちょっと写真撮れた。

14世紀に完成したフェズで一番大きい神学校だそうです。

IMG_2982.jpeg

IMG_2981.jpeg

IMG_2978.jpeg

IMG_2977.jpeg

IMG_2976.jpeg


そしてお昼にサンドイッチを買ってみた。

IMG_2970.jpeg

IMG_2973.jpg

IMG_2974.jpeg
ラクダのお肉なのかなぁ。


メディナの中のメインの通りを奥の方まで歩いて、またブージュルード門まで戻っただけなので、今日は全然迷いませんでしたね。

で、門の外に出て歩いていると、今朝、宿で朝食の時に出会ったイラク人(クルディスタン)のおじさんがカフェのテラスから声をかけてくれました。

飲み物買ってあげるよって手招き。(子どもじゃないんだけど笑)

IMG_2986.jpeg

で、おじさんとお喋りしたり、その後、一緒に王宮(王様のフェズでの滞在場所)辺りや公園行ったりお散歩して過ごしました。

IMG_2990.jpeg


IMG_2991.jpeg
広場で人だかりができている。おじさん曰く、何かゲームみたいなことしてるらしい。


私は旅行くらいならなんとかなる程度の英語力なので、人とおしゃべりの会話をするのは四苦八苦💦

おじさんとの会話も英語なので、必然的におじさんのほうがよく喋ってるという感じでしたね。


おじさんが好物だというお菓子も買ってもらいました。

IMG_2989.jpeg

結構美味しい!なんていうお菓子か聞いたけど忘れて、後でネット検索。

シュバキアというみたいです。結構甘い。


買ってもらわなかったら、自分では買わなかったと思うなぁ(店の前通ってもスルーしてる気がする)。

やっぱ、試してみるもんですねぇ。

モロッコのお菓子が美味しいとは思ってなかったので💧 見た目的にも心惹かれない感じだし。

思い込んだら損するね。

おじさんはイラク人なのでアラビア語を話します。現地の人とコミュニケーションをとってもらえるので助かりました。

IMG_2987.jpeg
スマホちょっと見せてもらいました。アラビア語は右から左に文字を書くらしい。

おじさんはイスラム教徒なので、今日もお祈りしてきたと言ってました。

日に5回くらいお祈りの時間があるみたいですけど、毎回はしないって言ってましたね。


こんな感じで2日目はゆったりと終わりました。


そして3日目。

朝、朝食をとっている時に、東洋人女性を見かけました。

話しかけてみると、韓国人ということでした。ベルギー在住で、ボーイフレンドとモロッコに来てるそう。

あとから彼氏さんもやってきたのですが、彼氏さんはフランス人でした。

で、この2人が誘ってくれて、今日は一緒に行動することに。

メディナの中やら、メディナの外の丘のほうにも行ってみたり。結構歩き回りました。

メディナの外の露店。何かの部品ですかね、ハサミとかもあるけど。
IMG_3007.jpeg


彼氏さんフランス人なので、現地の人とはフランス語で会話してくれ(モロッコはフランスの保護領だったので、現地の人はフランス語を話せる人多い)、大助かり。

しかし、私の英語力がそうでもないので、2人との会話に四苦八苦(笑)

でもとても楽しかった(^^) 自分ひとりでは体験できないこともあったし。

彼氏さんは現地の人とすぐ仲良くなってました。

丘の上で出会った学生さんたちともワイワイ(^^)

IMG_3025.jpeg

この学生さんたちから、私はモロッコ人に顔が似ていると言われました(笑)

もともと地黒なんですが、モロッコですっかり日に焼けてしまい、、顔も濃いめなので、、(笑)


IMG_3034.jpeg
丘からメディナが見渡せます。ここからの景色は良かったのでオススメ!


丘の上では動物の革が干されてました。フェズは革製品が有名です。
IMG_3043.jpeg

ロバがすごい量の荷物を運んでます。この国ではロバがすごく働き者です。
IMG_3041.jpeg



他にも彼氏さんが仲良くなったモロッコ人にランチをご馳走になったり。彼氏さんはこのモロッコ人と意気投合して、その夜あったサッカーワールドカップの予選を一緒に観戦する約束をしてましたね。言葉が通じるっていいなぁ、しみじみ。まぁその人の人柄とかもあるんでしょうけど。

この日の予選で、モロッコはワールドカップ出場を決め(2017年11月11日)、モロッコ人たちはかなり盛り上がってたみたいですね、夜ホテルに居るとあちこちから歓声が聞こえてきました(^^)


メディナの中も散策。

キティちゃん発見!
IMG_3060.jpeg


革の加工作業場のようです。
IMG_3055.jpeg

IMG_3053.jpeg


お肉屋さん。店頭にラクダの頭。
IMG_3078.jpeg



カラウィンモスク。フェズ最大のモスクらしいです。イスラム教徒以外は入れないので、外からパチリ。
IMG_3074.jpeg



こちらはザウィア・ムーレイ・イドリス廟。ここも中には入れないので、外からパチリ。
フェズをつくったイドリス2世の霊廟で、とてもきらびやか。
IMG_3076.jpeg

IMG_3077.jpeg




こんな感じで3日目も過ぎ、明日は夜にフェズを離れます。

一緒に行動してくれる人が現れたおかげで、世界一の迷宮都市と言われるフェズも迷うことなく無事に過ごせた、、と思っていたのですが、なんと!!最終日に苦い思いをすることになったのでした笑




2017.11月の旅模様です。
だいぶ前のことですが、ちょっとずつ書き溜めていた旅日記をアップしてます。






posted by いしもと葵 at 22:42| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

アルケミーなひとり旅〜モロッコ編〜フェズ@



シャウエン最終日。

朝10:45発の長距離バスCTMに乗ってフェズへ向かうため、朝食を食べて荷物を整理したらすぐにバスステーションへ。


シャウエンのバスステーション。
IMG_2878.jpeg

バスステーションには、シャウエンに到着した時に宿まで連れて行ってくれたタクシーのドライバーさんがいました。

今からフェズに行くと言うと「フェズはデンジャラスだから気をつけて、シャウエンみたいに平和じゃないよ」って。

このドライバーさんには昨日バスチケットを前もって買いにきた時にも(当日は売り切れたりすることもあるみたいなので)遭遇したんでした。

私を覚えていたようで、昨日チケット売り場から街中までのタクシーを拾おうとしてる時に話しかけてきて。

丁度いいところに!と思ったけど、自分のタクシーは大きいから値段が高い、今大きな荷物持ってないなら小さいタクシーがいいと言われ、小さいタクシーを拾ってくれました。値段は確かに違いますからね。

こんな普通に親切な人もいるのに、、あのラバトで出会った偽ガイドめ!!もう騙されないぞ!と思ったのですが、次のフェズでまたまんまと騙されるのでした笑


フェズには15:15着の予定なので、途中休憩があります。

途中休憩のお店で軽食。

IMG_2882.jpeg
こちらで焼かれていたお肉を購入。

IMG_2880.jpeg
スパイシー。パンと一緒に。

ぶら下がってるのは、羊だって。
IMG_2881.jpeg


シャウエンを出発する時、バスステーションで日本人の女性に出会いました。彼女もフェズに向かうため同じバス。

彼女は2週間くらい休暇を取って、スペイン周遊後、モロッコへ来て周っているんだそう。彼女もひとり旅です。

2週間でスペイン、モロッコなので、けっこう弾丸で各都市を周っているらしく、フェズも1泊したら2日目の夜にはもう別の都市に向かうんだそう。

なので、フェズでは、メディナの中を散策するのにガイドを頼んであるというので、私も一緒にシェアさせてもらうことにしました。

フェズのメディナ(旧市街)はモロッコでも最大規模のメディナで、世界一の迷宮都市らしいのです。

グーグルマップあっても、迷うかも。

フェズは1000年以上の歴史ある都市ということです。

フェズのメディナ(旧市街)は世界遺産に登録されていて、メディナの中にもいくつか世界遺産になっている建造物があります。

その辺りをガイドさんが案内してくれるのかな。

頼んであるガイドさんはモロッコ人の、もちろん公式のガイドさんです。


バスはそう遅れることもなく、フェズに到着。

彼女はメディナ(旧市街)の中の宿、私はメディナのメインゲートであるブージュルード門のすぐそばの宿(メディナの外側)。

IMG_3004.jpeg
ブージュルード門。

彼女は宿のスタッフさんにブージュルード門まで迎えに来てもらい、宿まで連れて行ってもらってました。

迎えに来てもらわないと宿がどこにあるのか分からないでしょう。宿までたどり着けないと思う。

フェズのメディナ(旧市街)はほんとに迷路なんです。

この後、ガイドさんにメディナの中を案内してもらったのですが、どこをどう歩いたのかさっぱり分からない、ガイドさんなしでは絶対迷子になってたなと実感しました。


宿に荷物を置いて一息着いたら、ブージュルード門で彼女と待ち合わせ。ガイドさんと落ち合いました。

彼女はブージュルード門まで、また宿のスタッフに連れてきてもらってました。ほんとに迷宮なの。



さて、ガイドさんについてメディナの中へ。

IMG_2905.jpeg
ブージュルード門をくぐります。

IMG_2913.jpeg
ブー・イナニア・マドラサという14世紀にできたフェズで一番大きな神学校。入り口しか見てないけど、また明日以降見に行ってみよう。フェズには3泊4日の滞在予定。

IMG_2914.jpeg

他にカラウィン・モスク(フェズ最大のモスク)とかにも連れて行ってもらったけど、駆け足で通り過ぎたので、それも明日以降にまた来てみよう。

IMG_2922.jpeg
細い道をくねくね。はぐれないように気をつけてガイドさんに付いていきます。

フェズの主な見どころのひとつにタンネリというのがあります。

タンネリとは、皮なめし工場のことで、動物の皮をなめして染色している場所です。

その工程は機械作業ではなくて手作業で行われているらしいです。

で、動物の皮をなめしているので、かなりの異臭がするんだとか。


IMG_2923.jpeg
タンネリへ。

IMG_2924.jpeg
この革製品のお店の屋上からタンネリを見せてもらいます。

IMG_2927.jpeg
お店の屋上から見たタンネリ、皮なめし工場。

IMG_2926.jpeg
それぞれの槽に加工液剤やら各色の染色液やらが入っているそうです。

タンネリを見る時は、匂いが強烈なので注意とガイドブックに載っていたけど、私達が見学した時間帯は、すでに仕事が終わってしまっていたせいか、匂いは特別感じませんでした。

私はフェズではタンネリを見たいと思っていたので、ガイドをシェアしてもらって早々に見れたので良かったです。職人さんたちの作業を見ることができなかったのは残念ですが。

タンネリを見学するには、どこかのお店の屋上から見せてもらわないといけないので、どこのお店がいいか探す手間が省けました。また交渉したりもしないといけなさそうだし💦


そして、タンネリを見学した後は、階下の革製品のお店で商品を色々と見せられます(笑)多分、これもガイドに込みなんだと思う。

IMG_2934.jpeg

IMG_2931.jpeg
これは革のクッションみたいなやつ。
ぺちゃんこになってるけど、形を整えて、中に詰め物をしたらちゃんと座れます。

IMG_2932.jpeg
ぺちゃんこだったのが、こんな感じになります。

布もあります。

布を織っているところを見せてくれました。

IMG_2939.jpeg

そして布のショーが始まりました。

IMG_2941.jpeg

IMG_2943.jpeg

IMG_2942.jpeg

IMG_2944.jpeg

IMG_2945.jpeg

綺麗な布の数々。他にもかごバッグとかもあったし、革のバッグやブーツ、革ジャンなどなどありました。


結構この店の滞在時間が長かったね。

私はだんだんと疲れてきてましたが、彼女は値段交渉など含め、とても楽しそうにしていました。

ちなみに彼女は英語がペラペラです。

最終的には、ふたりとも革のクッションと小物をお買い上げ。

私はオレンジ色のクッションを買いました♪

中に詰め物をしてない状態だと、小さく折り畳めるので、スーツケースに入りましたよ。

そして、ガイドが終わった頃にはすっかり暗くなってました。


IMG_2957.jpeg
彼女と食べた夕食。

旅の一期一会の出会いもいいものですね〜☆


初日でガイドをシェアしてもらって助かりましたが、ホントにメディナの中が迷路すぎたので、明日からひとりで大丈夫かしら。。。旅に出てから初めて不安にもなったのでした。




2017.11月の旅模様です。
だいぶ前のことですが、ちょっとずつ書き溜めていた旅日記をアップしてます。






posted by いしもと葵 at 17:09| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする