2019年10月20日

アルケミーなひとり旅〜モロッコ編〜アイト・ベン・ハッドゥ


世界遺産のアイト・ベン・ハッドゥへ。

<旅行ガイドブック、arucoのモロッコより>
南部モロッコの風土に合わせ要塞化された住居をカスバと言って、建物は日干しレンガと粘土を使って建てられている。このカスバが集まって城壁のように集落ごとぐるりと取り囲んでできた村をクサールと言うそうです。

で、ワルザザート周辺にはいくつかのカスバやクサールがあるが、その中でも最も美しいのがアイト・ベン・ハッドゥとのことで、ハリウッド映画のロケ地等にもなってるみたいです。

へぇ、そうなんだ〜、行ってみましょう〜!

行きは民営バスと乗り合いタクシーを乗り継いで行きました。

民営バスでオードマレまで行き、オードマレから乗り合いタクシー。たぶん、それが一番安い行き方みたい。

民営バス。都市間を結ぶ高速バスは割ときれいだけど、民営バスはなんかごちゃごちゃしてて、まぁまぁ汚なめ。
IMG_3251.jpeg

乗り合いタクシー。
IMG_3253.jpeg

アイト・ベン・ハッドゥに到着。
IMG_3255.jpeg

映画「アラビアのロレンス」とか、「グラディエーター」とかのロケ地らしいです。

IMG_3257.jpeg

IMG_3258.jpeg

IMG_3262.jpeg

IMG_3269.jpeg

IMG_3268.jpeg

朝ごはんを宿のテラスで食べた時は、パーカー着てストール巻いてたのに、昼間は暑い。13時くらいでカンカン照り。半袖じゃないとやってられん💦日に焼ける〜💧
南仏も日差し強かったけど、モロッコも暑いし、日に焼けすぎて腕時計のあとがついてしまいました。日焼け止め持ってこなかったのが無念。。。

しかし、アイト・ベン・ハッドゥ、ワタシ的にはまぁ見なくてもよかったかなぁ、、という感じでした。

自分の好みじゃなかったというだけですが。乾燥した土地の雰囲気は好きでしたけどね。

私のモロッコでの一大イベントは砂漠キャンプだったので、もうオマケということで(^_^;)

帰りはアイト・ベン・ハッドゥから乗り合いタクシーでそのままワルザザートまで。一緒に乗る人が見つかったので良かった。ワルザザートまで30DH でした。

行きはオードマレまで民営バスで10DH、オードマレから乗り合いタクシーで10DHで計20DHだったので、たぶんぼったくられてはないと思います(笑)

ワルザザートへ帰って、また昨日の食堂へ。

今日はひよこ豆の煮物?にしてみました。それとフライドポテト(^^) 合わせて11DH(130円くらい)。美味しいし満足〜♪
IMG_3273.jpeg


明日はダデス渓谷に行きます。




2017.11月の旅模様です。
だいぶ前のことですが、ちょっとずつ書き溜めていた旅日記をアップしてます。



posted by いしもと葵 at 23:11| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

アルケミーなひとり旅〜モロッコ編〜ワルザザート


砂漠ステイの後、マラケシュに行く前にワルザザートという街に行きます。

ワルザザートはハリウッド映画とかのロケ地として有名な世界遺産アイト・ベン・ハッドゥというところにも近いし、ダデス渓谷とかトドラ渓谷とかの観光名所にも近いので。

さして興味をひかれたわけではないけど、時間もあるし、せっかくなので。

ダデス渓谷はバラの谷と言われてるみたいで、バラを使ったコスメとかも有名みたいです。

バラの谷とかステキっと思ったのですが、バラの花が咲き誇るのは4月下旬〜5月頭くらいみたい(この時11月です)。

なんだか気分が削がれましたが、ダデス渓谷とアイト・ベン・ハッドゥに行くことにしました。


まずは、砂漠ステイを楽しんだメルズーガから高速バスでワルザザートへ向かいます。

朝7:30発、15時過ぎにワルザザート到着予定。ワルザザートには3泊4日滞在し、中2日間でダデス渓谷、アイト・ベン・ハッドゥに行くことにしました。

ゆったりスケジュール。


高速バス、スープラトゥウールのバス停。
IMG_3213.jpeg

バスの外には日本では見ない景色が続きます。乾燥地帯。
IMG_3216.jpeg

IMG_3225.jpeg

途中休憩タイム。
写真で見たら美味しくなさそうなサンドだけど、美味しかった。好きな味。モロッコ料理は私の口に合うみたいで、今までのところハズレ無しです。
IMG_3226.jpeg

IMG_3231.jpeg


ワルザザート到着。そんなに大きな都市ではないみたいだなぁ。
IMG_3234.jpeg

IMG_3237.jpeg

ワルザザートでの宿はこんなとこ。
IMG_3236.jpeg

宿に着いたのはもう夕方なので、スーパーへ水等買いに行き、夕ご飯を近くの食堂で食べてその日はおしまい。

IMG_3238.jpeg

スーパーの中を撮ってみました。
IMG_3240.jpeg

IMG_3241.jpeg

ペットボトルの形が日本と違いますねぇ。
IMG_3244.jpeg


そして、宿の受付嬢に聞いた、オススメの食堂へ。安くて美味しいところを教えてもらいました。

ほんとにここは美味しかった〜♪ワルザザート滞在3日間夕食はここへ通いました。
IMG_3246.jpeg

レンズ豆の煮物?とフライドポテト。合わせて10DH (120円くらい)。
IMG_3247.jpeg


明日は世界遺産のアイト・ベン・ハッドゥに行ってみます。





2017.11月の旅模様です。
だいぶ前のことですが、ちょっとずつ書き溜めていた旅日記をアップしてます。




posted by いしもと葵 at 22:59| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

アルケミーなひとり旅〜モロッコ編〜サハラ砂漠〜




気を取り直して、モロッコで一番行きたかった場所、サハラ砂漠へと向かいます。

フェズから、まず砂漠に近い街メルズーガに行きます。20:30発の夜行バスに乗車。メルズーガには朝の6時頃到着予定。


IMG_3112.jpeg

夜道をひた走る。

IMG_3111.jpeg
途中でトイレ休憩などもあります。



メルズーガに到着!外はまだ暗い。事前にホテルのスタッフに迎えを頼んでいました。

メルズーガで降りた人たちは、ほぼ観光客の人達ばかりだったような。

他の観光客数名と車に乗せられ、ホテルへ。

私以外の人達は、別のホテルに宿泊だったようで、先にそちらへ。少し待たされた後、最後に私の宿泊先へ。

朝一番の迎えは大変なので、近隣のホテルで協力してるんですかね。


そしてホテルに到着した頃には、もう夜が明けてきていました。

IMG_3115.jpeg

私が泊まったのは、砂漠が目の前に広がっている、とても素敵なホテルです。

プールまであってステキ〜♪
IMG_3114.jpeg

お部屋はこんな感じ。ひとりでここに(笑)
IMG_3119.jpeg

で、ここのホテルが運営している砂漠テントキャンプに、今日の夕方から参加するのです。

それまでは、お部屋でシャワー浴びたり、仮眠をとったりして休憩。

砂漠テントキャンプは、砂漠の中にある砂漠テントまで、このホテルの前からラクダに乗って行きます。

そこで1泊し、夜空を眺めたりしながら、砂漠の真ん中でのステイを楽しみ、また翌日ラクダに乗ってホテルに戻ってきます。

あぁ〜楽しみすぎる〜♪(≧∇≦)/

なんやかんやで、あっという間に夕方に。

1泊分の荷物をリュックに詰めて、スーツケースはフロントに預けて、さぁ出発!!

IMG_3125.jpeg
このツアーのお世話をしてくれるラクダ使いのスタッフさんが、連なったラクダを率いて砂漠テントまで連れて行ってくれます。

私には目印も何にも分からなくて、見渡す限り砂漠が広がっているだけなのに、スタッフさんは砂漠テントまでの道のりがちゃんと分かってるんですよねぇ、すごいなぁ。

しかも砂漠の上は歩きにくそうなのに、スタスタ歩く。

IMG_3129.jpeg

ラクダに揺られながら、写真を撮ってます。ラクダ使いの方以外にスタッフさんはもう1名いて、それぞれのカメラでラクダに乗ってるところなんかを撮影してくれたりもします。

IMG_3136.jpeg

IMG_3133.jpeg

ラクダに乗って移動していたのはどのくらいの時間だったかなぁ。1時間くらいだったような。

そのうち日も暮れてきて。辺りはオレンジ色。

IMG_3138.jpeg

IMG_3141.jpeg

そして砂漠テントに到着。

テントと言っても、よくアウトドアとかで使うようなテントじゃなくて、もっとしっかりしてて、なんかモンゴルの草原で遊牧民が暮らしてるような感じのテントです。形は違うけど。

なので、中にはマットも置かれ、ベッドが作ってあります。

IMG_3155.jpeg

このテントツアーにはカナダから来たご夫婦と、アメリカからのカップル、そして私の5人が参加。

あと、ラクダを引いてきてくれたスタッフの方が食事等のお世話もしてくれます。

テントはそれぞれに割り当てられ、私はひとりで、あとはお連れさんとふたりずつで。

食事は皆で一緒に、食事用の大きなテントに集まっていただきました。夕食と朝食付きです。

ちなみに、トイレはトイレ用に小さなテントが作られていて、中に簡易トイレが備え付けられていました。洋式の。トイレットペーパーもきちんと備わっていました。

砂漠テントキャンプのツアーは、運営しているところが色々あるみたいで、それぞれのテント内にトイレやシャワーが付いている豪華なところなどもあるようですよ。トイレの具合はやっぱり気になりますよね〜


IMG_3153.jpeg

テントの外に炊かれた火の周りに集められ、スタッフの方が歌を歌ったり太鼓を叩いたりで、楽しませてくれる時間もあります。

和やかムードで進行していた中、みんなで盛り上がろうってことだと思いますが、日本の歌を歌ってーとかスタッフの人に言われたり、他の人も自分の国の歌を歌ってよとか言われたりして。

私達のグループは、落ち着いた感じの人達ばかりで、そんなに騒ぐのが好きそうでもなかったので、それぞれ歌を歌うのはサラッとかわして、そんなに盛り上がらずにお開きに(笑)

この人たちのグループで良かったわ(^_^;)

キャッキャした人たちばかりだったら、私はしんどかったね(笑)


それからはそれぞれで砂漠での夜を過ごします。

私は砂漠で星空を見ることをとても楽しみにしていたので、それが叶って大満足。

新月の少し前だったからよく星が見えました✨

ただひとつ残念なこと。カメラはiPhoneのカメラだったので、星空はきれいに撮れず。。。


そして就寝。

砂漠の夜ってすんごく寒いねーー。

私は薄手のダウンを着て寝ました(^_^;)

それでも寒かった。


朝は日の出を見たいので、まだ暗いうちに起き出して準備。寒い寒い。


IMG_3161.jpeg

IMG_3164.jpeg

IMG_3165.jpeg

IMG_3166.jpeg

IMG_3167.jpeg

IMG_3168.jpeg

IMG_3169.jpeg

IMG_3170.jpeg

IMG_3172.jpeg


太陽が昇ってくると暖かくなってきた。

こんなに太陽は暖かいんだなぁ〜、段々高くなる温度を肌で感じて、しみじみ。

IMG_3177.jpeg

IMG_3181.jpg

朝食をいただいた後、またラクダに乗ってホテルに戻ります。

IMG_3191.jpeg

IMG_3197.jpeg

IMG_3201.jpeg

ホテルに到着。ラクダ可愛かったなぁ。また乗りたい。おしり全然痛くならなかったよ。

IMG_3202.jpeg


砂漠キャンプから戻ってきて、明朝のバスまではここのホテルでのんびり。

ホテルの部屋の中に入ると陽を遮ってるので、肌寒い。なので、プールサイドで本を読みながら1日ゆっくりしてました。

IMG_3205.jpeg


持ってきたものの、まだ1行も読んでなかった本を読み終えることができました(笑)

一昨日までいたフェズのメディナの喧騒が嘘のようだ。


明日はワルザザートという街に行きます。


2017.11月の旅模様です。
だいぶ前のことですが、ちょっとずつ書き溜めていた旅日記をアップしてます。



posted by いしもと葵 at 00:41| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする