2020年03月05日

アルケミーなひとり旅〜南仏編〜ルルド@


マルセイユからルルド、どうやって行くかなぁといろいろ調べて、マルセイユから一旦トゥールーズというところまで行くことにしました。

トゥールーズで1泊、翌日トゥールーズからルルド、ルルド1泊、またトゥールーズへ戻り1泊し、マルセイユに戻ることにしました。

最短では飛行機もあるけど、私は安く行ける方法で。時間はかかりますが。


ルルドに行った後は、またマルセイユに戻ってくるし、この大きなスーツケースを置いて行きたいなぁと思って調べていたら、なんとサン・シャルル駅に荷物預かり所があることを発見!

大きなスーツケースも可。最長3日くらい預かってくれるみたいなんですね。

一応、預かり所まで行って確認しておく。

3日預かりは可能とのこと。

マルセイユを出発して3日後に帰ってくるのでスーツケースは預けて行くことにしました。

トータルで17.5ユーロ払ったと思いますが、あの重いスーツケース持っていくこと考えたら、安いもんです。すごい楽だ〜^ - ^

3泊4日分の荷物をリュックに詰め、ルルドへ向けてGO!


とりあえず、中継地点のトゥールーズへ。高速バスで。前方に表示の時刻、すごい狂ってますけど。今もう夕方。
IMG_3584.jpeg

コンセントが座席ごとにあるの嬉しい。
IMG_3585.jpeg


1泊目のトゥールーズはもう夜に着いたので、夕食食べて寝るだけ。

翌朝早くにルルド行きのバスに乗ります。

列車も出てますが、早朝のバスが一番早くルルドに着くのでバスで。

そして翌朝、バスターミナルへ向かう。
IMG_3588.jpeg

チケットを買おうとチケット売り場を探したが、なんと閉まってました。。

ルルド行きのバスはトゥールーズ始発なのでバスはもうターミナルに停まってます。

運転手さんに聞くと、オンラインで買って、と。

で、出発時間までに買わないと乗れないらしく、急いで、みたいな。

あと10分くらいで出発時間!!

急いでオンラインで購入。カード支払い。で、運転手さんにチケット画面を見せて、何か機械でピッとしてくれるんですが、なんと!!日付間違ってるよ、と。

あーっ!、失敗っ!! 明日の日付になってる。。

キャンセルは後でするとして、またオンラインで必要事項を入力していると、小さな男の子を連れたご夫婦が、お金は払うから自分たちのも買ってくれ、みたいに声をかけてきました。

スマホないみたい。

購入するのに乗車する人の名前を全部入力しなきゃならないんだけど、お父さんが3人分のパスポートを出してくる。

本名じゃなくてもいいんじゃないかって思ったけど、とりあえず入力。

もう時間が迫っていたけど、なんとか頑張ってあと3人分入力完了。

名前からすると、東欧の人っぽいなぁ。

間に合ったー!!と思って、運転手さんに画面を見せると、また日付が違うよ、と。

あーーー!!焦って日付変えるの忘れてた。。

もう時間切れ。バスは無情にも発車したのでした。。

親子3人にも、ごめんね、、と言って。

しょうがない、列車で行きましょう。

列車の駅はバスターミナルの横にあります。

ルルド行きのチケット購入。

2回も乗り換えがあり、そのうち1回はバスに乗り換え。そのバスは鉄道と運営が同じみたいで、駅でまとめてのチケット購入。

乗り換え駅のすぐ前からバスに乗れるらしい。

最初の計画よりルルド到着は2時間くらいの遅れ。

列車を待っている間に、先程日付間違えて購入したチケットをまたオンラインでキャンセルしました。

が、キャンセルはできたものの、代金はそのまま返金という形ではなく、バウチャーという形で返ってきて、次回同じバス会社のバスに乗る時に返金分の金額使えます、っていうことでした。。

え〜、、、そうなのか。。。

同じバス会社はもう多分ルルドからトゥールーズに戻る時に使うくらいかなぁ。。

ルルドからの帰りのバスを調べていたら、夕方の1本しかなく、夜にトゥールーズに着くのしかありませんでした。

トゥールーズの街も見て回りたいの。。

ネットで見たら、バラ色の街って書いてあったし。。

でもマルセイユで預けたスーツケースを取りに行かないといけないので、トゥールーズ泊を延ばすわけにもいかない。。

しょうがない、トゥールーズに帰るのも列車で。

バウチャーは結局使えず。。

親子3人分のもありますからね、、トータルで6000円くらい無駄にしたのでした。。。


ルルドAに続きます。




2017.11月の旅模様です。
だいぶ前のことですが、ちょっとずつ書き溜めていた旅日記をアップしてます。





posted by いしもと葵 at 19:41| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: