2019年09月22日

アルケミーなひとり旅〜モロッコ編〜フェズB




フェズ最終日。

さていよいよフェズを離れ、次なる目的地メルズーガへと移動するのですが、20:30発の長距離バスに乗るため、まだ今日も丸1日フェズでの時間があります。

フェズのメディナ(旧市街)はもう回ったので、まだ行ってない辺りを散策してみようと思い、フェズ・エル・ジェディドというエリアに行ってみることにしました。

ちなみに、旧市街はフェズ・エル・バリと言われてるみたいです。


宿を出てテクテク歩く。

フェズ・エル・ジェディドに向かう途中にあるブージュルード庭園に寄っていく。


今日もいい天気!!

IMG_3085.jpeg


IMG_3086.jpeg


IMG_3084.jpeg


IMG_3087.jpeg

公園でのんびり、落ち着くなぁ。しばしリラックスタイム。


そしてフェズ・エル・ジェディドへ。

メインの通りのようなところを歩いていたら、道脇の椅子に座っていたおじさんに声をかけられました。

英語を話せるみたいです。が、ここは用心、声をかけてくる人はとりあえず警戒。偽ガイドかもしれないし。

案の定、頼んでもないのに案内を始めてきました。

ガイドか?と聞くと違うと言うので、ラバトで偽ガイドにあったことを話すと、自分は貧しいけれど心はきれいだ、お金の無心はしないと言います。

それで私はすっかり安心してしまい、おじさんに案内されるままに一緒に歩きだしました。

この辺はジューイッシュエリアと言っていたので、ユダヤ人街なんですかね。

IMG_3092.jpeg

歩きながらいろいろ説明してくれました。

壁に塗られた色の意味なども話してくれたけど、忘れてしまった(^_^;)

IMG_3096.jpeg

アートな感じで素敵ですね〜

IMG_3097.jpeg


IMG_3098.jpeg


IMG_3099.jpeg

で、おじさんに案内されて歩いているうちに、なんと!!そのおじさんの家の前まで連れられていってました(・_・;)

ここが自分の家だ、ランチを一緒に、と家の中に誘われたのですが、いくらなんでもなんか怖いですよね💦

どうしようと迷ったのですが、家の中に女性が2人、小さな子どもも数名いるのが分かったので、大丈夫かなぁと思いながら、おじゃましてクレープみたいなのとお茶をご馳走になりました。

ご馳走になりながら、おじさんの身の上話などを聞く。

私はご馳走になったし、身の上話も聞いて、その時点でもうお金を少しお渡ししようと決めてました。おじさんも足が悪くて杖をついてたし。

その時点では嫌な感じはしなかったんですよね、おじさんが初めからそれが目的だったとしても、街を案内してくれたし、自分ひとりではこんな迷路なところ歩いて来れなかったと思うし。

で、帰ろうとした時。

自分じゃないけど、自分の家族(目の見えない人もいる)が助けを必要としている、とおじさんが言ってきました。

私は帰り際におじさんに少しではあるけどお金を渡そうと思っていたので、その時に20DHを差し出しました。

そしたら!!なんと、50DHはないか?と言われて😵

いや、50DHはあったんですよ、お財布の中に。50DH札と20DH札があって。(何かあったら怖いのであまり大金は持ち歩かないようにしてました。)

でも50渡して20DHだけになったら、私が心もとなくなるし、それよりも、向こうから50DHはないかと言ってきたことにムカついて💢

これしかないと言って、20DHしか渡しませんでした!(まぁ20DHって日本円で240円くらいなんですけど。。。^^; でもローカルな食堂ではハリラスープなんて1食5DHくらいだし、20DHでもまぁまぁよね。)

で、こんな迷路なところ帰り道も分からないし、怒りモードでプリプリしながら街の出口のゲートまで連れて行ってと言い、おじさんとまた歩いてゲートまで。

私もプンプンな感じだったし、おじさんも20DHしか私が渡してないからか、ゲートまでの間、ふたりの間に不穏な空気が漂い💦

ゲートのところでおじさんが素っ気なく「チャオ」と言うので、私も素っ気なく「チャオ」と言ってお別れしました💧


しかし、不思議なことがあって。

おじさんの家までの散策中、私達ふたりを追い抜いていった通りすがりの人がいたんですけど、その人が私達を追い抜いてすぐ先の角を曲がった時に、「You must be careful.」と聞こえてきたのです。

え??さっきの人が呟いた? 

おじさんは何も反応してなかったし、空耳??と思ったのですが、その後、その呟きが暗示していたようなことになり。

空耳だったのか、本当にその人が呟いたのかは分からないですけどね。


あとでモロッコに住んでいたことのある知人の旦那さんから教えてもらいましたが、

イスラム教では、裕福な人は貧しい人を助けなさいという教えがあるそうで、喜捨すれば罪が許されたり、天国に行けると信じているとのこと。

それを曲がって解釈する貧しい人もいて、これを逆手にとり貧しき者は裕福な人に喜捨を要求してくる、喜捨する機会を与えているのだと。

あなたは良いことをして天国に行ける、と。

もっと手持ちのお金があったら、あの時50DHくらい(日本円で600円くらい)、いやもっとそれ以上でも渡してたかもですが、向こうから金額を上げられたことにはやはり腹が立ちますね、私は😠

喜捨は自分からするものでしょ〜って、やっぱり思います。


おじさんの家にいた子どもたちは可愛かったよね😌





2017.11月の旅模様です。
だいぶ前のことですが、ちょっとずつ書き溜めていた旅日記をアップしてます。





posted by いしもと葵 at 18:04| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: