2017年09月03日

★レゾナンスタロットリーディング★


全然お知らせしてなかったのですが、毎週土曜日は、本・占いりーぶるさんにて、タロットリーディング、西洋占星術をさせていただいてます。

ほんとにいつもお知らせが遅すぎる、、私、、^^;

タロットはマルセイユタロットを使っていますが、私のオリジナルのリーディングスタイルとして、レゾナンスタロットリーディングとしてやっていくことにしました。

その経緯では、本・占いりーぶるのオーナーであり、占い師でもある日下ゆにさんに多くのアドバイスを頂きました☆

友人やりーぶるスタッフさんにもアドバイス頂いて(^^)


日下ゆにさんから頂いた、私のリーディングスタイルの印象、、

「ひとしずく、ポチャンと落としたものが、波紋が広がるような、または何かこだまのような感じで広がっていき、そこから反響して返ってきたものから、何かのエッセンスを取り出しているようなイメージ。」


no-title


ここからヒントを得て、レゾナンスタロットリーディングとしました。

レゾナンスとは、共鳴、共振、反響、響き、などという意味です。


私は、タロットリーディングをする時、となりの次元に触れるということを意識しています。

これは、私のマルセイユタロットの師匠からのアドバイスの言葉です。

なので、ゆにさんからイメージを聞いた時は、それとイメージが重なり、嬉しい気持ちになりました(^^)


自分スタイルのリーディングをやっていく、ということに関しては、8/22の獅子座新月の影響もあったかもしれません。


マルセイユタロットの世界は奥深く、まだまだ学びは尽きないのですが、守破離のイメージも獅子座新月ではありましたので、このタイミングで一念発起✨

カードのスプレッドもオリジナルのものを取り入れてみようと思います。



★レゾナンスタロットリーディング★
一滴の水が水面に落ちた時に幾重にも輪を描いて広がる波紋のように、共鳴(レゾナンス)をおこしながら、となりの次元に触れていきます。

そうしてリーディングすることで、深い気づきと洞察をもたらし、問題に対する解決方法を探ったり、迷いを決断へと変えていくことができます。

マルセイユ版タロットを使った、オリジナルのタロットリーディングです。

マルセイユ版タロットは、自分の中の叡智に繋がり、意識を拡大するためのツールとして古くから用いられてきました。カードには叡智に繋がるシンボルがたくさん散りばめられています。

またタロットカードはアカシックレコードにアクセスするためのツールのひとつでもあります。



毎週土曜日のりーぶるさんでは、お試しタロット10分1000円〜のメニューもありますので、お気軽にお越しくださいませ〜☆

no-title

本・占いりーぶるは、地下鉄七隈線七隈駅より徒歩3分です💡



りーぶる以外でも受け付けています。
西洋占星術、マルセイユタロット、バッチフラワーレメディ
メニューはこちら→🌙








posted by いしもと葵 at 16:01| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: