2019年11月24日

アルケミーなひとり旅〜モロッコ編〜マラケシュA


マラケシュ滞在2日目。

マラケシュのメディナを散策。


今まで行ったメディナは車は入れなかったけど、マラケシュは道が広いからか、ある程度まで入って来てるしバイクもかなり行き交う。その側ではロバが大活躍してたり。

IMG_3386.jpeg

バイクがバンバン行き交うので排気ガスがすごいの💨

もう半日歩いたら、自分が排気ガスまみれになってる感じです💦


メディナの中のお店は、大都会だけあって、センスのよいおしゃれな雑貨屋さんだったり、素敵なカフェだったりがまぁまぁあります。

そういうところは他のローカル的なお店と比べて、値段も高めだけど。


今日はメディナの中のちょっと可愛らしいお店でランチ。
IMG_3373.jpeg


メディナの中をブラブラ。

IMG_3349.jpeg
かごバッグ可愛いけど、持って帰るの大変だな〜、モロッコの後はまたフランスに戻るし。

そして旅先で購入したものって、割と日本に持って帰ったら使わなかったりするしな〜

IMG_3366.jpeg

IMG_3367.jpeg
バブーシュは買った☆日本でも使ってます。安いし、そんなにかさばらないからもっと買ってもよかったかも。


そしてまたまた。

私がマドラサに向かっていると、マドラサに行くのか?マドラサはこっちだ、と聞いてもいないのに、道案内。

え??私のGoogleマップでは、私は間違ってないんだけどなぁ?

地元の人が言うんだから、私が間違ってるのかな。

一応ついて行くと、マドラサに出た。

が、私の方向感覚では、私が行こうとしてた道も間違ってはなくて、わざと別の道を案内した感じ。そして、お礼を少しくれ、だって。

私がありがとうと言うと、少しのお金がいいというので、じゃあ1dh、コインを出すと、それならいいと去っていった。

ホントに親切な人もいるから、もう訳が分からなくなる。

メディナの中は迷路のようだし。

ヘナで人の手に勝手に模様を書いてお金を請求するおばちゃんもそうだったけど、勝手に何かしてお金くれと言う人には1dh出すといいのかも。それならいらないって去っていったよ、ヘナのおばちゃんも。

ベン・ユーセフ・マドラサ。マラケシュのメディナの観光名所。北アフリカ最大のイスラム神学校だったらしいです。
IMG_3369.jpeg

IMG_3371.jpeg
カットしたタイルを組み合わせて作る幾何学模様のモザイクをゼリージュというそうです。いろんなところで見かけました。ここにも。
素敵だな〜

IMG_3372.jpeg
装飾がとてもキレイで繊細。写真がイマイチですけど(笑)

モロッコの緻密で細部まで綺麗な装飾は心惹かれます。

IMG_3364.jpeg
これはマドラサではなく、メディナ散策中に撮った写真ですが、白い方の壁の装飾とか鉄格子の模様とか素敵だなぁと思って。

日本のお家の門とかもこんな鉄格子にしたら可愛いのになぁ〜、あんまり需要ってないのかなぁ。


夕暮れ近くになって、有名なジャマ・エル・フナ広場へ。
IMG_3381.jpeg

IMG_3383.jpeg

搾りたてフレッシュジュース。
IMG_3384.jpeg

モロッコではドライフルーツがよく売られてます。しかも安いので、これは買い!です。
IMG_3382.jpeg

広場ではかごバッグが無造作すぎる感じで売られてます。シートの上でもなく地べたにそのまま。
IMG_3374.jpeg

蛇使い。
IMG_3375.jpeg


マラケシュのシンボル的ミナレット、クトゥビア。ミナレットはモスクにある高い塔で、お祈りの時間のお知らせがこの塔から流れます。
IMG_3351.jpeg



宿への帰りに買ったアボカドヨーグルト。どんな味か気になって買ってみた。
IMG_3387.jpeg

アボカドの味とヨーグルトって合うみたい。美味しかったよ。




2017.11月の旅模様です。
だいぶ前のことですが、ちょっとずつ書き溜めていた旅日記をアップしてます。


posted by いしもと葵 at 17:54| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

アルケミーなひとり旅〜モロッコ編〜マラケシュ@


ワルザザートからマラケシュに移動します。高速バスで朝の8︙00に出発、15︙00マラケシュ到着予定。

マラケシュは4泊5日の滞在予定。たっぷり時間があります。

バス乗り場で、ワルザザート滞在中に何度かお世話になったおじさんに会いました。おじさんは高速バスのスタッフさんみたいで、アイト・ベン・ハッドゥやダデス渓谷に行く際も行き方を教えてくれたり、タクシー料金も大体のところを教えてくれたりしたので、とても助かりました。

ほんとは昨日おじさんから、友達とご飯食べるから一緒にって夜ご飯に誘われていたのですが、モロッコへ来てから偽ガイドに会ったりして、出会うモロッコ人に対して疑心暗鬼になっていたので、疲れてなかったら行くねと言って、結局行かなかったのでした。全然疲れてはなかったんですけどね、昼間ならまだしも、夜だしなぁ、と思って。

「おはよう」とおじさんに挨拶してバスに乗り込み、出発。

おじさんも「おはよう」と言ってくれましたが、、、親切にしてくれてありがとうだし、そんなに警戒心持たなくても良かったかもしれない。

なんか疑うのって疲れるな。


車中ではモロッコ人の女子学生さんの隣の席でした。

K-POPが好きらしいです。モロッコまでも人気ですごいね、K-POP。

J-POPは〜?この子は知らないらしいです(^_^;)


さて、マラケシュに到着。大都会だぁ〜✨

バスを降りたら、タクシー運転手がすぐに寄ってくる。

宿の住所を見せ、値段交渉。

事前に宿のオーナーが宿までのタクシー料金を教えてくれていたので、それを元に。

オーナーからのメールまで見せて交渉してみたものの、教えてもらってた値段までは下がりませんでした。

まぁ荷物も大きいし、いっか。

で、宿に到着!

こじんまりしてて清潔で素敵なところでした。

宿(リヤド)の中庭。
IMG_3320.jpeg


荷物を置いて一息ついたら、お出かけ。

マジョレルガーデンというところへ行ってみました。

マジョレルガーデンはジャック・マジョレルというフランス人画家によって造られた庭園で、マジョレルさんの死後にイヴサンローランが買い取って再開させたんだそうです。

青で彩られた素敵な庭園です。

IMG_3328.jpeg

IMG_3332.jpeg

IMG_3337.jpeg

IMG_3340.jpeg

鯉が泳ぐ池。
IMG_3342.jpeg

竹林もあったりして、ちょっと日本風なところも。
IMG_3341.jpeg

イヴ・サンローランのギャラリーもありました。
IMG_3334.jpeg

IMG_3335.jpeg

IMG_3336.jpeg


この辺りはキレイな格好の西洋人がいっぱいいて、びっくりしました。センス良さげなお店とかもあったり。やっぱり大都会マラケシュだ。ちょっと前までいたワルザザートは田舎だったし。

明日はマラケシュのメディナの中を散策予定。






2017.11月の旅模様です。
だいぶ前のことですが、ちょっとずつ書き溜めていた旅日記をアップしてます。



posted by いしもと葵 at 16:20| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

アルケミーなひとり旅〜モロッコ編〜ダデス渓谷



IMG_3274.jpeg

宿のテラスで朝ごはんを食べて、ダデス渓谷へ出発〜

宿のテラスからの景色。建物の色が独特。
IMG_3248.jpeg

ダデス渓谷へは、まず民営バスでBoumalneブーマルンという町まで行きます。そこからダデス渓谷へはかなりの距離があり、車じゃないと行けないんですが、バスで行けるのは一番近くてブーマルンまで。なので、どうしようか考えて、ブーマルンでガイドを雇うことにしました。

モロッコで初のガイド。金額は400DH(何時間でだったか忘れたけど、3時間くらいでしょうかねぇ)。チップもとネットで見たので、プラス100DHをチップで、計500DH(約6000円)。

ブーマルンからダデス渓谷までの車代も込みです。

ガイドさんとともにダデス渓谷に到着!

IMG_3281.jpeg

IMG_3286.jpeg

ガイドさんの後ろ姿。
IMG_3288.jpeg

ダデス渓谷はガイドさんを雇って良かった。ひとりでは見て回れなかった。

IMG_3290.jpeg

IMG_3291.jpeg

IMG_3293.jpeg

雄大な景観の中をガイドさんとお散歩して、とってもエネルギーチャージになりました(^^)

IMG_3296.jpeg

IMG_3297.jpeg

IMG_3302.jpeg

ガイドさんです。なんか自分から写真に撮ってと言ってきました。私のカメラで(笑)
IMG_3310.jpeg
顔ちっちゃ!

IMG_3312.jpeg

ブーマルンからダデス渓谷までの行きは、ガイドさんの知り合いっぽい人の車で行ったのですが、帰りはなんと、ヒッチハイクでした(笑)

もちろん車を拾うのはガイドさんがしてくれたんですけど。お店っぽいところに入って、そこにいたフランス人夫婦に声をかけて。

運良く、フランス人夫婦は自分たちで車でダデス渓谷まで観光に来ていたので、ブーマルンまで乗せていってもらえることに。

車が拾えなかったらどうする気だったんだろう(笑)

そしてブーマルンでガイドさんと別れ、また民営バスでワルザザートまで戻りました。

IMG_3316.jpeg

大自然の中で癒やされた1日になりました(^^) 気持ちよくて行ってよかったです。





2017.11月の旅模様です。
だいぶ前のことですが、ちょっとずつ書き溜めていた旅日記をアップしてます。



posted by いしもと葵 at 00:10| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする